奨学金制度

KISTには現在2種類の奨学金があります。奨学金授与の基準は、学校規則やポリシーの元となっている、尊敬、責任、安全という3つの学校理念に沿い決められます。 


 

KIST特待生奨学金

KIST特待生奨学金は、学校のミションである「文化的社会的に多様な背景をもった学習意欲のある子どもたちに、安全で人をはぐくむ環境の中で、質の高い教育を提供し、国際社会に貢献する、人格的に秀でた有能な若者を育成すること」に貢献する、G9-G12の生徒に授与されるものです。

KIST特待生学金は、非常に優れた学力を示すだけでなく、他の生徒の模範となる資質を示すことで学校に著しい貢献をした生徒に奨学金(学費免除)という形で授与されます。学校のミッションや基本原則に沿い、学校に素晴らしく貢献し、また学校精神の本質の見本となった生徒に支給されます

就学奨学金、以下の4種類となります

Category Award
Platinum Award

1年間の授業料を全額免除

Gold Award

1年間の授業料の75%を免除

Silver Award

1年間の授業料を半額免除

Bronze Award

1年間の授業料の25%を免除

特待生奨学金授与者は、該当年度1年間の授業料のみ免除されます。その他の学費は全額お支払い頂くことになります。

KIST特待生奨学金は、設けられた基準への生徒の達成度に沿って授与されます。審査基準は厳しいものですが、奨学金授与者数に上限・下限はありません。また、授与基準を満たす申込者がいない場合は、特待生奨学金は授与されません。

 

下記のような条件を満たしていることが選択基準となります。前学年度のKISTでの実績を判断します。

  • 優れた学業成績を収めた生徒
  • 欠席率の低い生徒
  • MYP Service か DP Creativity, Action, Service (CAS)の必要を満たしている生徒
  • 学校の規則やポリシーを守り、適切な振る舞いの生徒
  • 良い学習環境をつくることに貢献している生徒
  • 良いロールモデルとなっている生徒
  • それに加え、保護者のサポートや協力、学校行事への参加も考慮されます。

申込みは4月の第3金曜日から5月の第三金曜まで受け付けます。全ての必要書類はKISTのMain School Officeに5月の第3金曜日の午後4時までのみ受け付けます。

KIST Study Scholarships 2017-2018 General Information and Application Procedures


 

大学支援奨学金

KISTでG11、12に提供されているDPプログラムは、世界的に学問的にやる気のある生徒のためのプログラムとして認識されている、非常に難しいプログラムです。DPを高得点で成功裏に終了した生徒は、世界中の一流大学に行くことが出来ます。大学支援奨学金(KIST University Support Scholarship)は、DPの最終年度に高得点を獲得した、勤勉な生徒が対象となります。これによって、すべての生徒が最後の最後まで継続して勉強に励ことで、奨学金を獲得するために努力することを願っています。

大学支援奨学金は、以下の3種類となります。

Category DP Score Award
Gold Award 45 points 現金200万円の奨学金
Silver Award 43-44 points 現金100万円の奨学金
Bronze Award 40-42 points 現金30万円の奨学金

下記のようないくつかのエリアを満たしていることが選択基準となります:

  • フルIBディプロマを持ってKISTを卒業する生徒
  • KISTを卒業した年に大学に入学する生徒
  • 欠席率が、ある一定の割合を超えていない生徒
  • G11、12の間、責任ある行動を示した生徒
  • 必須イベントへの参加等保護者のサポート状況

申請手続きの各基準に関する具体的な要件は、毎年4月頃に公表されますが、基準を満たしているGrade12 の全生徒に資格があるので、申込書は必要ありません。受賞者がいる場合は、7月にお伝え致します。