KISTでの国際的な考え方